高い効果が期待できるダイエットサプリ【美ボディの作り方】

肥満を防ぐサプリ

medicine

エネルギー過多を防止

人間は、食べ物によって入ってくる脂質や糖質を使って、体を動かしています。手を動かしたり足を動かしたりすることにも、脂質や糖質が使われているのです。そのため体を動かすためには、食事による脂質と糖質の補給が必要なのですが、これらを摂取しすぎると、エネルギー過多となり体は肥満となってしまいます。これを防ぐためには、エネルギー過多とならない程度の食事をとることが大事です。ところが食文化の欧米化が進んでいる昨今では、それは困難になってきています。欧米風の食事には、脂質や糖質を多く含む食材がよく使われているのです。そのため、ダイエットサプリを飲む人は増えていくと予想されています。ダイエットサプリは、脂質や糖質の吸収を阻害する効果のある成分で作られています。そのため飲めば欧米風の食事をとっても、エネルギー過多が防がれやすくなるのです。

吸収率を下げる成分

ダイエットサプリに含まれている成分には、たとえばβグルカンやキトサン、ギムネマや桑の葉のエキスなどがあります。βグルカンとキトサンには、脂質の吸収率を下げる効果があります。具体的にはこれらには、胃腸に入ってきた脂質をつかまえて、体に吸収させずに便にするという力があるのです。便になった脂質は、やがて排出されるので、体脂肪として蓄積することはなくなります。一方ギムネマや桑の葉のエキスは、糖質の吸収率を下げるために役立ちます。これらにもやはり、胃腸に入ってきた糖質を排出させる効果があるのです。こういったダイエットサプリは、食前または食事中に飲むことが効果的とされています。脂質や糖質が入ってくる前に、上記の成分を胃腸でスタンバイさせておくことが大事なのです。